ビーガン食とNBA

https://nbatopics.com/wp-content/uploads/2019/10/GettyImages-1179928351-1024x683.jpg

Denver NuggetsにMicheal Porter Jr.という選手がいる。

彼は2018年に全体14位でNuggetsにピックされたんだけど、怪我の影響で2019年の10月までプレイできなかった。

 

彼はスカウトのレポートによると、とても将来が期待されている所謂Prospectという類いの選手で先日のゲームでもキャリアハイの25得点を取りチームのエグゼクティブやファンを笑顔にしたんだ。

 

そんな彼のWikiを見ていたら1つ気になる事が書いてあった。

 

 in 2018 changed his diet to raw vegan.

 

続きを読む

James Hardenは伝説になれるか?

昨年の12月、Bleacher Reportでこんな記事があった。

bleacherreport.com

James Hardenは1試合で100点スコアできる。

これはサンアントニオ・スパーズフォワードDeMar DeRozanの発言だ。 この1試合100点はWilt Chamberlainが1962年に記録した伝説のNBA最多得点記録。DeRozanによるとHardenはこの伝説を破れるという。

確かに近年のJames Hardenの活躍ぶりは目覚しく、現在のPPGは38点を超えている。これはあのMicheal Jordanよりも高い数値。 今季もすでに60点ゲームを1度達成しており現時点では100点ゲームを達成する可能性のある選手はJames Hardenが筆頭だろう。

しかしいくらHardenのアイソレーション主体の100点を取るのはいくつかの条件が重ならないと難しい。 以下に私が必要だと思う条件を考えてみた。

スケジュール

まずディフェンスが弱いチームとのゲームが絶対条件。現在はWizards、Hawks、Grizzliesあたりが平均失点が高い。 今季のRocketsが150得点以上を記録したゲームの相手はWizardsとHawksのみであることから、どちらかのチームとの ゲームが最もHardenがスコアしやすいだろう。 またタンク中のチーム相手の場合も可能性が高い。すでにプレイオフへの可能性も無く、再建中のKnicksなんかも候補に上がるかもしれない。 さらに言えばそういったチームとオーバータイムに突入したらさらに可能性は高まる。

マインドセット

Hardenは究極のオフェンス指向プレイヤーだ。 先日、あともう少しでキャリアハイの得点を取れたが、ベンチに下げられてしまった時の彼のリアクションを見ても得点に拘っていることが容易にわかる。

youtu.be

マインドセット的に見ても、弱い相手に対してもとことん得点に拘ってプレイする。 彼は恐らく得点に関するあらゆる記録を塗り替えたいと思っているし、全盛期である今が最も達成する可能性の高いことは本人も分かっているだろうから 向こう2-3年はHardenのモチベーションも非常に高いだろう。 さらに言えば彼はオフェンスに全力を傾けるためディフェンスはサボる。 チームとしては勘弁して欲しいだろうが、オフェンスに体力を注ぐという意味では有効だ。

怪我

怪我は全ての選手が最も恐れるものだ。どんなに素晴らしい才能を持った選手でも怪我によりキャリアが台無しになってしまった例は数多い。 (Brandon Roy、Grant Hill...) キャリアに関わる大怪我は、特に運動能力が高い選手に多いように思う。最たる例がDerrick Roseだろう。

その点Hardenは怪我をする可能性が割と低い。 というのもHardenは前後左右のフットワークを武器に得点を量産する選手であり、どちらかというとあまり飛ばない(飛べないわけではない)。

youtu.be

なのでZazaのようなダーティなプレイがない限りはあまり心配はないだろう。

youtu.be

最も必要な条件は運だと思う。 どんなに条件が揃っていてもタッチが悪ければファウルをドローして フリースローを稼ぐプレイに切り替えなければならなくなるが、その場合時間が足りない。 早々にゾーンに入るためにも1stクオーターから連続でスリーを決める必要がある。


以上からHardenが100点ゲームを達成する最適なゲームは2020年4月10日に予定されているWizards戦だろう。 理由はこうだ:

  • Wizardsはプレイオフへの可能性がなくなっているため若手を出してくる
  • Wizardsはディフェンスでリーグワーストレベル
  • Rocketsはプレイオフへの出場が既に決定しておりWestbrookが出場しない可能性がある(WestbrookはHardenより怪我しやすい為)
  • 前日はオフのため疲れが溜まっていない

期待してるよHarden。