出雲のブログ

どうも。最近社会人になった出雲です。 好きなものはギター、アイドル、寿司です。

プロフィールの書き方

今回はマッチできる出雲がプロフィールの書く上で注意しているポイントを紹介したいと思います。(最適な書き方は個々人で異なります。あくまで参考までに)

 

写真はできれは自撮り以外で

これは実際に会った日本人の女の子はほぼ全員言っていた気がします。どんなにかっこよくても、写真が自撮りなだけで一気にナルシスト臭がすごいと。

 
f:id:asdf8974:20170625133630j:image

ナルシスト嫌いな女の子は多いですもんね。

 

僕は誰かに撮ってもらった写真をプロフィール画像を選ぶようにしています。

 

自慢はしない

自分にとっては普通でも周りの人からすれば自慢になってしまう事はあまり書かない方がいいかも。

 

例えば、よくプロフィールで会社経営してますとか書いてる男がいるらしいですけど、正直胡散臭さが増すだけなのでやめた方がいいかなと思います。


f:id:asdf8974:20170625134000j:image
 

いえ、勿論知っていますよ。今は自営業してる人がとても多いのは。

 

大事なことは相手がどう感じるかなので、胡散臭さは極力排除しましょう。

 

住んでる場所詳細に書かない

 これはマッチングのためというより自分のために。

 

以前ぼくは住んでいる場所を割と詳細に書いていました。

その方が会えると思っていたからです。(実際そうでしたが)

 

ただ外を歩いていたら、一回マッチしてからメッセージを放置していた人にばったり会ってしまい声をかけられたことがありました。

 

流石に焦った。(笑)

 

身元の特定材料はネットには出さないようにしようとあの日から決めました。

 

距離感は大事

個人的にモテる人は女の子との距離感作りが上手だなと思ってます。

 

例えばすぐ飲みに誘ってしまうやつ。あれは本当にだめですよ。

 

下心が露わというか、性欲が前面に出てしまってます。

 

ぼくもこれで最初は結構失敗しました。

 

最初は他愛のない会話から始めるといいかと思います。リアルと同じですね。

 

では。

 

出雲

メリット

Tinderをやることで色々得られるものがあります。

 

たとえば外国語が上達すること。

 

出雲はよく外人ともマッチするのですが、会話を通じて自分の英語力が磨かれていると感じます。

 

外人は日本人より積極的だから話してて面白いしね。

 

実際に会えればSpeakingとListeningの訓練にもなります。

 

特に留学とかで日本語学校に通ってる子は、こっちに友達が少ない場合が多くて簡単にマッチするし会えますよ。

 

では。

 

出雲